重低音マフラー

High Power Boost フルデュアルスペックプラチナムサウンドシステム

※当商品『ハイパワーブースト』はリアピース部を含みません。

ハイパワーブーストとは・・・

フルデュアル フロント&センターパイプ

純正の集合型同調とは異なりフロントパイプからセンターパイプまでを左右完全独立排気させ、センターパイプにはH型同調を装備する事で、あのV型エンジン独特のサウンドを奏でると同時にハイパワー出力を発揮します。無論ステルスKIT譲りの底上げ設計はそのままに…Sense Brandが贈る全く新しいアクティビティーです。
『このパワー、このサウンドはHigh Power Boost のみに与えられた特権です!』

特筆すべき特徴

TND膨張管

センターパイプに装備してる膨張管内部にはチャンバー室と特殊な『トルネードパンチング』を採用しています。又、仕切り板もパンチング仕様となっており、チャンバー室にて圧縮された排気は、パンチング仕切り板とトルネードパンチングによって回転しながら抜ける事で、程良い排気抵抗を生み、抜けすぎによるトルクダウン等のリスクを軽減させると共に超重低音へと変化させます。更にメインパイプの出入り口をオフセットさせる事で、ステルスKIT譲りの『超底上げ』を保ち、通常の社外マフラーと比べ最低地上高の確保にも成功しました。

OPI膨張管

高級外車にも装備されているメインパイプとほぼ同形の膨張管。メインパイプとの径に落差がない為、最低地上高を保つ効能は勿論、内部には開口率の高いパンチングパイプを用い、超重低音へと変化させます。更にパワーアップに不可欠な排気抵抗を軽減すべく、チャンバー室には異径管を採用するなど、細部に至り配慮しました。

H型同調

純正形状の1本集合型同調とは異なり、集合せず、左右独立型レイアウトにすることで、あのV型独特の双方単独のサウンドを生み出します。更にH型に同調を設けることで排気のバランスをとり、抜けすぎ等によるトルクダウンのリスクを回避します。これもハイパワー、良質サウンドを発揮する1つの要因なのです。

車種ラインナップ

  • For LS460
  • For 200系クラウン
  • For 51フーガ
  • For 30系セルシオ
  • For 18系クラウン
  • For 50系フーガ
  • For 18系マジェスタ
  • For 19系GS
  • For 16系アリスト
  • For 50系シーマ

◆注意◆
18系クラウン、18系マジェスタ、200系クラウン、19系GSへ装着の際は、画像の遮熱板を外すと同時に、赤部をカットする場合がございます。

  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • センスブランド公式Instagram
  • Sense Brand公式 facebook
  • マフラーサウンドを動画で視聴する
  • Sense Brandのワンオフマフラー
  • Sense Brandのワンオフマフラー
  • レムエキゾーストシリーズ
  • スーパーラグジュアリーエキゾースト

  • メディア掲載実績
  • 開発用モニター車両募集
  • イベント紹介